レンタルサーバーとプロバイダとの違いって

今日はホームページ更新管理に絶対に欠かすことのできないサーバーについて、お話しします。

みなさんがインターネットにつなげたいと思った時、普通はインターネットプロバイダーと契約されるかと思います。プロバイダには

@ニフティ
BIGLOBE
OCN
So-net
等があります。

こちらと契約することにより、メールやインターネットを利用することができるのです。これまではオプションとして、自分のホームページを持つこともできたのですが、最近では自社のホームページサービスを終了するところも増えてきています。

元々、プロバイダのホームページサービスはあくまでもインターネット接続のオプションとして行ってきていたので、ホームページ制作としてはいろいろな制限があり、容量も限られているため、ページ数が多くなると、対応できないものがありました。そこで必要なのがサーバーというわけです。サーバーをはホームページを置いておく巨大な貯蔵庫のようなものですが、自分で持つ場合とレンタルサーバー会社の場所を借りるという2つの方法があります。
レンタルサーバー会社と契約することによって、ホームページを開設することができるのです。

代表的なものとして

WADAX
ロリポップ
さくら
お名前.com
等があります。

レンタルサーバー会社にはいろいろな料金プランが設置されています。スタンダードなプランだとWordPressのようなCMSを設置することも可能です。ただし、一つ注意があります。レンタルサーバーと契約したからと言って、プロバイダとの契約まで終了してはいけません。レンタルサーバーとの契約にはプロバイダに入っていることが必要です。プロバイダのみでもインターネット接続は可能ですが、レンタルサーバーだけでは不可能になります。

みなさんが、プロバイダのみと契約していて、プロバイダが提供するインターネットサービスでは容量が物足りない、または、インターネットサービスが終了してしまう、という時はレンタルサーバーと契約する必要があるのです。