ホームページ、その制作会社に頼んで大丈夫なの?

ホームページ制作を業者に頼もうと思い、インターネットで検索するとたくさんの業者が出て来ます。その中でどういう風に業者を選ぼうと思った場合、一番気にするのは制作料金ではないでしょうか?
例)
A社 100万円
B社 50万円
C社 5万円

どうでしょうか?同じ分量のページを作るのにもこれだけ違いがあるのです。

A社、B社は高いから嫌だな、C社が安いからC社に頼もう、という方が多いのではないでしょうか?確かにA社は予算が多くなくては頼めないことは一目瞭然です。ではC社が一番よいか?というとそうでもないのです。

ある企業は以前C社にホームページ制作を依頼しました。もちろん価格に惹かれてのことです。ところが何年か経って、C社はなくなってしまいました。そんな時、ホームページの表示がおかしいことに気づいたのです。ところが、全て業者任せでホームページの更新に必要な情報を全く持っていなかった、その企業は更新するために必要なFTP情報すら持っていませんでした。慌てたその企業はB社にお願いし、FTP情報を探してもらい、ページ修正を頼んだのです。しかし、お問い合わせフォーム等はB社が修正できないような仕組みになっており、そちらを修正するためには、新たなプログラム作成をB社にお願いする他なかったのです。

結局、当初の5万円よりも高くついてしまいました。

C社は倒産してしまったので、最悪な場合ですが、やはり値段が安いものを選ぶ場合は、自分でそれなりの専門的な知識があり、何かあった時は自分で対処するリスクも考慮することが必要です。万一のことを考え、ホームページ更新に必要なFTP情報等は、ホームページ制作の段階で、業者からもらっておきましょう。

全て業者任せにし、値段が安い業者を選ぶことはリスクを伴うことを、頭の片隅に入れておきましょう。