昔作ったホームページのままで大丈夫?

あなたの会社は既にホームページを持っているかもしれません。けれども、それが10年前、15年前に作られたものだとしたらどうでしょうか?自分の会社はホームページを既に持っているから大丈夫!と安心しているかもしれません。しかし、それが落とし穴なのです。

昔のホームページのままではまずい一つ目の理由は、Googleの検索順位です。
みなさんがホームページを作成する時、ほとんどの方がGoogleにどう評価されて、検索順位を上げるか、ということを気にされていると思います。
実はGoogleの検索順位というのはいつも同じではなく、常に新しい基準で評価しているのです。特に最近ではスマホ対応をしていないサイトは検索順位を下げられてしまう、ということがわかっています。
ですから、ホームページがあるから、と油断していると、知らない間に検索順位が下がってしまい、スマホ対応で、新しい作り方をしているライバル企業のページの方が、順位が上、ということも大いにあり得るのです。

昔のホームページの状態でまずい、二つ目の理由は、見栄えが悪いと顧客を逃す恐れがあるからです。
昔でしたら、そのページは流行最先端のページだったかもしれません。しかし、ホームページにもファッションと同様に流行があります。初めて来たお客さんが、古臭く見えるページを見て、あなたの会社の製品を買いたい、と思うでしょうか?もし、ライバル企業のページと比較して、そちらの方が見栄えをきれいに作っている場合は、ライバル企業の方に問い合わせをしてしまうかもしれません。もし、干からびたリンゴと、新しいリンゴの
どちらかを買うか?と聞いたら、ほとんどの人が新しくてきれいなリンゴを選ぶはずです。

一度あなたの会社のホームページをライバル企業と比べてみてはどうでしょうか?客観的に見て、古いなあ!と感じる場合は、新しく作り直すことをお勧めします。

客観的に見て、古いなあ!と感じる場合は、新しく作り直すことをお勧めします。