初心者のための更新管理用語集 - これだけは知っておこう(1)

更新管理を任されたけれど、パソコン関連の言葉はさっぱりだし、調べても難しいという方のために、簡単に用語の解説を致します。

 

 

(1)ブラウザー
私たちが普段パソコンやスマホでホームページを見るときにはブラウザーソフトをというもの使って見ているのです。ホームページを閲覧するためのアプリケーションを『WWWブラウザ』と言うのです。アプリケーションというのはアプリケーションソフトウェアのことです。みなさんがよく知っていそうなのはスマホに入っているアプリケーションです。ゲームなどもアプリケーションソフトウェアの一つです。今ではアプリという名称で誰もが知っていることでしょう。

パソコンではインターネットエクスプローラ(IE)とかファイアフォックス(FIREFOX)、グーグルクローム(GOOGLE CHROME)などが代表的なブラウザーなのです。スマホではAppleのiOSと、GoogleのAndroidが代表的なブラウザーです。

ブラウザで見たいホームページのURLを入力すると、URLが示しているWWWサーバー内のデータを探し出して画面に表示されるのです。この、蜘蛛の巣のようにつながっているネットワークが、世界規模の蜘蛛の巣World Wide Webと呼ばれるものなのです。ですから、ブラウザーを通じて、私たちはは日本だけの情報だけではなく、知りたいと思った世界中の情報を知ることができるのです。

 

 

(2)ドメイン
ブラウザーソフトがインターネットを通じて、指定されたホームページのデータをサーバーというコンピュターから運んできます。このとき、ブラウザーの上にある、細い長方形の枠の中、これはアドレスバーと言いますが、そこにある http://www.one-design.jp/と書いてあるものがURLというものです。

このURLの中のone-design.jpの部分をドメインと言います。ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピューターが、どこにいるかを示すインターネット上の住所なのです。正しい住所をもっているから、その場所にたどり着くことができるのです。

 

(3)サーバー
ホームページは「サーバー」と呼ばれるコンピュータ(またはコンピュータシステム)の中に入っています。
例えて言うと、マンションやホテルに似ています。何階の何号室が誰それさんのホームページを置く部屋のようなものです。

ホームページのデータは、いろいろな企業や大学、プロバイダ、レンタルサーバー会社がそれぞれ所有する「WWWサーバー」または「サーバー」と呼ばれる大型のコンピュータに保存されているのです。

世界中のWWWサーバーは相互に結ばれていて、WWWサーバーを通して世界中のホームページが自由に見ることができるようになっているのです。そのため、ホームページを検索した時のアドレスにWWWと出るのです。

例えば、猫のホームページを見たいと思って、サーバーコンピューターの住所であるURLを入力すると、命令を受けたサーバーコンピューターは猫のページのデータをみなさんのパソコンに転送するのです。