CMSのメリット、デメリット

みなさんの中には自社のホームページをCMSにしたいと思っている方もいらっしゃるかと思います。
ただし、CMSにはメリット、デメリットがあり、それを知った上で導入することをお勧めします。

(1)CMSのメリット

〇同じようなページを大量に作成できるので、時間の節約ができる。
今までは一つ一つのページを作らなくてはいけないので、ページ更新に時間がかかっていましたが、同じレイアウトのページならば、写真や文章を変更するだけで、簡単に何ページも作成できるのです。

〇ホームページの専門的な知識がなくてもメールを送信するのと同じ感覚で、情報を更新できる。
ホームページ作成には、制作会社のような知識が必要ですが、CMSでしたら、それらの知識を必要とせず、さくさく作ることができます。

〇更新が楽なので、更新の回数を増やすことができる。
今まで更新というと、制作会社にお願いすることが多かったので、更新の回数も少なかったと思いますが、更新が簡単なので、結果更新回数を増やすことができるのです。

〇SEO対策になる
CMSは統一感があり、Googleに好まれる仕様になっているので、SEO効果が期待できるのです。

〇デザインの変更をしたい時はテンプレートを変更するだけなので簡単にできる
CMSはテンプレートというひな形を使って作るので、違うテンプレートに変更すればデザインを変更することができるのです。

〇自分で更新管理ができるので、制作会社に頼む費用を節約できる
メールを送信するように、更新ができるので、ニュースの更新等が簡単です。そのため制作会社への依頼を減らすことができるのです。

 

(2)CMSのデメリット

〇イレギュラーなページを作りにくい
テンプレートからページを作るという仕組みになっているので、テンプレートと違うイレギュラーなページを作るのが大変です。もし、こちらを変更する場合は制作会社にお願いする必要があるので、結果的に当初想定していたより、制作費用がかかってしまいます。

〇CMS特有の仕組みを勉強する必要がある
CMSができたとしても、更新のやり方がわからなくては意味がありません。中にはいつまでたっても制作会社にやり方を何度も聞いてしまう、ということもありえます。結果として、制作会社を頼る羽目になり、料金が発生する可能性もあります。

こういったメリット、デメリットからもおわかりのように、CMSを導入する場合は普通の静的なホームページを作成した場合とどちらがメリットがあるのかをよく考えてから行うことをお勧めします。